雑穀米が身体にいいといっても、ダイエットしてる身としては雑穀米のカロリーが気になるところ。そんなことをあれこれ調べるブログです。

雑穀米のカロリー

ダイエットをしている人で、カロリーを気にして雑穀米を食べている人もいらっしゃるかと思います。雑穀米は確かに健康によいとされる食材のひとつですから、カロリーも低いと考えてしまうでしょう。

ですが、白米に雑穀を加えて炊くわけですから、実は白米と雑穀米のカロリーはほとんど変わりません。かといってダイエットに効果がないわけではまったくありませんから安心してくださいね。

雑穀米に使用される雑穀は主に玄米、黒米、きび、アマランサス、もちあわ、もちきび、はと麦、小豆などです。これらに含まれている栄養素は、ビタミン、ミネラル、カルシウムなどで、特に注目したいのは食物繊維がたっぷり含まれている点です。

ダイエット中に食物繊維を摂取したほうがよいことはよく知られていますよね。食物繊維にはコレステロールの吸収を抑制したり、腸の動きを促す効果があるため、ダイエットだけでなくがんや生活習慣病にも効果のある成分です。

特に全粒穀物(玄米、発芽玄米、麦など)や豆に多く含まれています。ですから、カロリーのことはあまり気にせずに、雑穀米を食べることによって栄養がたっぷり取れ、バランスのいい食事になるのです。

ダイエット中はどうしてもカロリーを気にしてしまいがちですが、食品に含まれる栄養成分をしっかりチェックする必要が無くていいですね。

雑穀は今やどこででも手に入れられるくらい手軽なものになりました。コンビニやスーパーだけでなく通販でも手に入ります。雑穀を白米に混ぜて炊くだけのものばかりではなく、レトルトのパックになった雑穀米のぞうすいやおかゆも出ています。おかゆならカロリーもそれほど気にならないですし、胃にもやさしくていいですね。

また、白米と比べると雑穀米のほうがよく噛んで食べると思います。よく噛んで食べることは食べ過ぎを防いでくれます。そしてよく噛むことで雑穀の旨味や甘味を感じられるので、それほどたくさん食べなくても満足できます。

ですから、カロリーを気にしないで食べていいのです。ダイエット効果だけでなく、メタボリック症候群などの生活習慣病や美容、美肌効果が期待されている雑穀ですが、雑穀米としてだけではなく、いろいろな料理に取り入れて食べているかたも多いでしょう。

雑穀を使ったお料理レシピの本も出ていますので、ぜひ参考にしたいものです。

カロリーのことは忘れて、健康に良い栄養成分が補給できる雑穀米は栄養士さんもおすすめしている食品です。自宅ではもちろん、レストランでも取り入れているところがありますので、1日1回だけでもぜひ献立に加えてみてください。

カテゴリー