高麗人参の副作用

高麗人参は、古くから薬草として用いられてきていますし、先ほど挙げた高麗人参の効果・効能を見ても、様々な病気や症状の予防や改善に効果が期待できます。

日本でも、昔から民間治療薬として多様されてきているのですが、あまりに高い効果を得ることができるため、副作用に対して不安を感じている方もいらっしゃるかと思います。自律神経に働きかけたり、赤血球・白血球などの働きにも作用しますし、ありがたい効果を得ることができる反面、万が一のことをやはり考えてしまいます。

ただ、高麗人参というのは、元々ウコギ科の多年草という野生の植物であり、高麗人参に含まれている成分も全て天然由来のものであるため、医薬品のような副作用はありません。

しかし、高麗人参特有の作用があることは確かなので、体質によっては、またその時の体調によっては、服用した際になんらかの支障をきたしてしまう場合もあります。

例えば、アレルギー体質の方が高麗人参を服用した場合、肌に痒みや発疹が出てしまったり、赤くなってしまうことが考えられます。

また、高麗人参は、たとえ一時的であっても血圧を上昇する働きがあるため、高血圧の方や、高血圧の治療を行っている方は服用を避けた方が良いですよ。他にも、発熱時や、膿やできものなどの化膿性の炎症がある場合には、更に症状が悪化してしまう可能性もあります。

もし、高麗人参を服用したことで、何か気になる症状を感じた場合は、高麗人参の服用を中止して、医師に相談して下さい。

天然成分を含む高麗人参ではあるものの、過剰摂取したりすると、不眠・動悸・発熱・頭痛・めまい・のぼせ…などの症状を起こす可能性がありますから、使用する場合は、用法用量を守って服用して下さい。

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。